BLOGブログ

BLOG

11

手関節・手部の構造と機能

機能解剖

手関節・手部の構造と機能

手関節には、橈骨と手根骨で構成される橈骨手根関節と、手根骨間で構成される手根中央関節があります。手部の骨は、手根骨、中手骨、指骨(基節骨、中節骨、末節骨)に分けられます。第2〜5指(示指、中指、環指、小指)には、手根中手関節(CM joint)、中手指節関節(MP joint)、近位指節間関節(PIP joint)、遠位指節間関節(DIP joint)があります。環指・小指のCM関節は、示指・中指と比べて可動性があり、強い握り込みの時には屈曲します。また母指のCM関節は、鞍関節で特徴的な構造をしている。橈骨と尺骨は、近位と遠位で上・下橈尺関節を構成し、前腕の回内/回外の運動を行います。

手に生じやすい機能障害

手関節・手部は、上肢の最も末梢に位置しています。更衣動作や炊事など、上肢を用いて行う日常生活動作において、肩や肘はその目的とする位置を規定します。手関節・手部は目的とする作業を巧緻的な動作によって遂行します。スポーツ競技においては、ラケットやバットを握りボールを打ち返します。竹刀で面を打つなど、長い柄を握った状態で衝撃を加える動作も遂行します。また、床から立ち上がる動作、手すりを把持して階段を昇る動作では、自重を支える役割を担っている。手関節・手部では、日常生活における使用頻度が高く、いわゆる「使いすぎ(over use)」による関節や組織へのストレスが生じやすくなります。それによって関節症変化や靱帯組織の肥厚などが生じる。強い外力を受けて骨や軟部組織が損傷すると、疼痛や浮腫、痺れ、可動域制限、握力低下といった機能障害が生じることが多いです。

手関節・手部の安定化機構

・骨形態:橈骨・尺骨と8つの手根骨により、高い安定性を有しています

・関節包・靭帯:骨性要素を支持する靭帯が、橈側・尺側・掌側・背側に数多く存在します

・三角線維軟骨複合体:手関節尺側の安定化機構を担う。回内/回外における下橈尺関節の安定性に関与するとともに、橈骨手根関節を通り抜ける力を吸収し、分散します

・母指CM関節:第一中手骨と大菱形骨で構成される鞍関節で、靭帯成分で支持されています

 

 

手関節・手部は、家事やデスクワークなどでも痛みが生じやすい部位です。

痛みや不調がある方、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP