BLOGブログ

BLOG

6

季節の変わり目に風邪を引きやすいのはなぜ?

内科

日本のように四季がある国では季節の変わり目に風邪をひいてしまう人が多いと思います。

これは季節によって、自律神経が影響を受けるからだと考えられています。

どのようなことが自律神経に影響を与えているのでしょうか?

気温

自律神経に影響を与えているものとして、気温がまず上げられます。

夏には副交感神経が優位に、冬には交感神経が優位になります。

理由としては、人間の機能としてしてホメオタシスという、体の内部や外部を一定に保つ機能が備わっているからです。

交感神経が優位になると顆粒球という白血球が増え、副交感神経が優位になるとリンパ球が増えます。

秋から冬の寒い時期には体温を上げるために血流量を増やそうとしますが、その時は交感神経が優位にして血圧を上げます。

よって、秋から冬にかけては顆粒球が増え、リンパ球が減るため、ウイルスや細菌への抵抗力が下がるため感染症にかかりやすくなります。

逆に、春から夏にかけてリンパ球が増えて顆粒球が減りますので、感染症にはかかりにくいですが五月病などと言われるメンタル面の疾患になりやすくなります。

現代人は自律神経が乱れがちですが、そのほとんどが交感神経が高すぎるケースが多いため季節の変わり目に風邪を引きやすいということになります。

気圧

気圧の変化も自律神経に影響を与えます。

雨の日などに気圧が大きく変化すると、体調がすぐれないとおっしゃる方がいますが急激な気圧の変化で自律神経が乱れると考えられています。

雨の日には気圧が低くなるため、副交感神経が優位な状態が続きますが、晴れの日には交感神経が優位な状態が続きます。

例えば、梅雨の時期にふと晴れの日があると、副交感神経優位な状態から交感神経優位な状態になるためリンパ球が減り、風邪を引きやすい状態になります。

 

季節の変わり目に風邪をひかないためにも自律神経を整えることが大切です。

交感神経優位な場合が多いので、バランスの良い食事や良質な睡眠をしっかりとることを意識して過ごしていきましょう。

 

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP