BLOGブログ

BLOG

6

TFCC損傷

外傷・障害

構成・病態

TFCCは手首の外側にある靭帯や関節円板で構成されている、重要な支持機構です。

役割としては、衝撃を和らげ手首を捻る運動の際に、遠位橈尺関節が安定して動くように働いています。

TFCCは、三角線維軟骨、橈尺靱帯,メニスカス類似体,尺骨月状骨間靱帯,尺骨三角骨間靱帯で構成されており、この中央に関節円板(disk proper)が存在しています。

関節円板は損傷しやすく、外傷により断裂や穿孔をきたすと症状が出現し、三角靭帯まで損傷が及ぶと遠位橈尺関節が不安定となって尺骨頭が脱臼・亜脱臼を起こしやすくなります。

TFCC損傷は加齢的な変化で関節円板に穿孔が起こることはよくありますが、外傷によっても損傷し、急性的なものと慢性的なものがあります。

症状としては手首の小指側に痛みが発生し、運動時、特に手首をバイバイのように手首を振ったりドアノブを回したりする動きで痛みが発生します。

受傷機転・テスト

TFCC損傷の受傷機転としては手をついてこけた際に手首に回る力が加わり損傷すると考えられています。

こけた以外でおこる受傷機転としてはスポーツ中で、空手や合気道、相撲、器械体操などの手首に大きな負担や捻る動作が加わった時に発症しやすく、ラケットスポーツでは手首への負担が繰り返し加わるため起こることがあります。

TFCC損傷のテストとしてピアノキーサインやパンピングテストがあります。

パンピングテストは病院に行かないとできないテストですが、得られる情報が多いためMRIが普及している現在でも使われているテストです。

間違われやすい疾患として手首の捻挫や尺側手根伸筋腱炎がありますが、手首の捻挫ですと手首全体に腫れや痛みが発生し、尺側手根伸筋腱炎は合掌回外テストで痛みを発生させるので鑑別しやすいと思います。

画像診断

画像診断としては、単純X線検査やMRI検査、手関節鏡があり、徒手検査法としてピアノキーサインが有効です。

X線では、TFCCそのものの損傷を見ることは難しいですが、尺骨の茎状突起基部の骨折の際はTFCC損傷を合併している場合が多いので注意しなければなりません。

MRIでは、造影剤を手首に注入することで、損傷していなければ均一に写されますが、損傷しているとTFCC損傷部分から遠位橈尺関節に漏れているのが写されます。

手関節鏡では、診断的価値は高いですが、手の平から手首にかけて穴を開けるため侵襲的です。

徒手検査法としては、前腕回内位、遠位橈尺関節が不安定な状態で尺骨頭が背側にある場合ピアノのキーを押す感触が得られたらピアノキーサインは陽性となります。

 

TFCC損傷は手首の外側で起こりやすい疾患なので、転けて手首を痛めた際は疑ってください。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP