BLOGブログ

BLOG

5

膝痛治療の基本

障害予防

膝痛治療の基本

膝痛治療の基本として、①ROMの正常化②Quad セッティング③カーフパンピング④痛点ストレッチを行います。

①のROMの正常化は左右差がなく正座や強制伸展も苦ではない膝のことを指します。

ROMを維持することは関節組織の柔軟性を維持することです。

②Quad セッティングは膝の前と後ろのストレッチがあります。

膝の前だとQuadの強化と膝関節の柔軟性を高めます。

膝の裏だと腓腹筋の柔軟性を高め強化します。

この裏のセッテイングは静脈還流速度を高める③カーフパンピングと言います。

この後に膝蓋骨周囲の痛点ストレッチを行い、膝裏、内側、外側、下腿、足関節の順で痛点ストレッチを行います。

膝蓋骨周囲の痛点ストレッチを行った後にQuadセッティングを行うと、力が入りやすくなります。

その他

膝の後ろ=腓腹筋外側頭が痛い場合、その部分を押さえ足首に力を入れます。

この時足首が硬い場合は脛骨の内・外側に痛点ストレッチを行います。

これだけで足首の動きはよくなります。

ハムストリングスの付着部も硬くなりやすいため、押さえてヒップリフトやブリッジで行うストレッチもいいです。

マシンを使った筋力トレーニングは非生理的であるので、自重でのトレーニングを優先的に行います。

高齢者の場合、筋トレというよりもストレッチとして捉えることができ、SLRよりもセッテイングの方が良いです。

一般的なストレッチをすると、伸びないところも出てきます。

なので、硬いところを伸ばすようにすれば良い。

 

痛点ストレッチをうまく活かし膝の痛みをなくしていきましょう

 

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP