BLOGブログ

BLOG

5

滑液包炎

障害予防

滑液包炎は、関節周囲に存在する滑液包に炎症が生じて滑膜炎を起こします。

原因は、関節の慢性的な酷使(機械的刺激)が大きな発症要因となります。外傷・痛風・偽痛風や関節リウマチ・急性・慢性の感染症(とくに黄色ブドウ球菌)などが原因となります。中年以降の女性に好発し、変形性膝関節症に合併するケースが多くあります。

病態生理は、肩や膝などの関節に生じ、肩関節の滑液包炎は五十肩の主原因となり、膝窩部の滑液包炎は『ベーカー嚢腫』と言われます。

急性滑液包炎は通常、滑液包の滲出液を生じます。

症状は、運動時の疼痛や限局性の圧痛・関節可動域制限・腫脹など。結晶誘発性関節炎や細菌性感染によるものは発赤をともないます(紅斑性)。

炎症が関節周辺で続く(慢性滑液包炎)と関節の線維化によって関節可動域制限(機械的な引っかかり)をきたすことがあります。

検査・診断は、運動時の痛み・腫脹・圧痛などから診断を進めていきます。関節包穿刺では滑液を分析し、感染症や結晶誘発性関節炎を探ります。

治療は、保存療法としては安静(一次的な固定など)・NSAIDsの投与・ステロイド薬の局所注射・穿刺・排液などがあげられます。慢性滑液包炎では、関節可動域訓練も重要となります。また、原因疾患の治療も行います。

手術療法としては滑液包切除術があげられます。

原因疾患の治療が行われなかったり、慢性的な酷使が続いたりする場合は再発することが多いので、しっかりと治療していきましょう。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP