BLOGブログ

BLOG

4

腰痛

障害予防

多くの人が経験してきたであろう腰痛。

原因によって異なりますが、どの年齢の方にも発症する恐れがあります。

今回は腰痛の病態別に分けて紹介していきたいと思います

非特異的腰痛

非特異的腰痛はレントゲンやMRIなどの画像診断や血液検査などで特に異常がないにもかかわらず痛みがあるもので、よく言われる腰痛がこれにあたります。

原因は姿勢が関係したり、ただ単に筋肉の使いすぎで痛めたり、人によって様々ですが一番多い腰痛です。

神経性腰痛

神経性腰痛は腰部の神経症状が見られる腰痛であり腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などがこれにあたります。

腰椎椎間板ヘルニアは30〜40代に多く発症し、ほとんどが腰椎4/5番目の間もしくは腰椎5番仙骨1番の間で発症します。

坐骨神経領域に症状が出やすいため、腰が痛く下肢が痺れたり筋力低下が見られた場合はMRIを撮影することをお勧めします。

脊柱管狭窄症は、何かしらの原因で変形した椎間板と背骨などの骨で神経を圧迫してしまい、体幹の伸展動作によって神経症状が見られます。

ヘルニアと比べ中高年の方に多く、前屈みになる姿勢をとると痛みが和らぐのが特徴です。

非機械的腰痛

非機械的腰痛は腫瘍や感染症、炎症によって生じる腰痛で化膿性脊椎炎や脊柱カリエスなどがあり、化膿性脊椎炎は黄色ブドウ球菌、脊柱カリエスは結核が原因となっています。

どちらも40〜50代に多く免疫力が低下している人に発症しやすい為、糖尿病の方で熱が出て腰が痛む方は非機械的腰痛かもしれません

内臓性腰痛

内臓性腰痛の原因はたくさんありますが内臓疾患や癌などの病気によって引き起こされています。

ただの腰痛だと思っていても実は内科的疾患から腰痛がきているかもしれません。

腰痛+他の症状が出ている方は病院で検査するのも良いと思います。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP