BLOGブログ

BLOG

4

アキレス腱周囲炎

障害予防

アキレス腱周囲炎は、中年以降のジョギングやウォーキングを習慣にしている人に好発します。

原因は、ランニングや跳躍動作による下腿三頭筋への負荷の増大、腱の変性(加齢変化)、筋力や柔軟性の低下、回内足や扁平足などが発症要因となります。靴が足に合っていないために生じることもあります。

病態生理は、ストレスの反復によってアキレス腱に小さな断裂や瘢痕が生じて変性し、アキレス腱の炎症が周囲の『パラテノン(腱鞘間の滑液組織)』に及んで慢性的な炎症・肥厚をきたして腱と癒着します。

症状は、アキレス腱部の腫脹・疼痛・圧痛・熱感などになります。進行すると足関節の運動障害(背屈障害)、歩行障害をまねきます。足関節を動かしたときに、アキレス腱が軋むような摩擦音を生じるケースがあります。

検査・診断は、スポーツ歴や臨床所見(局所の圧痛・腫脹・熱感)から診断を進めます。類似症状をもつ病態(滑液包炎・踵骨の骨折後の変性・腱の骨化・腓腹筋の部分断裂など)との鑑別のためにはX線検査・MRI検査・超音波検査などを行います。

治療は、保存療法として局所の保護・安静(スポーツ活動の減量、中断)、薬物療法(外用薬、内服薬)、ステロイド局所注射、理学療法、装具療法(足底支持板の使用)などがあります。

難治の例に対しては手術療法(癒着剥離術や腱鞘切開術)が検討されることもあります。

保存療法によって回復することが多いので、痛みを我慢して運動を続けないようにしましょう。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP