BLOGブログ

BLOG

4

腰椎変性すべり症

障害予防

腰椎変性すべり症は、椎弓の分離がみられない状態で椎体が前方にずれている病態(すべり変形)。中高年の女性に多く、ホルモンバランスとの関わりが指摘されています。

原因として、椎間板や椎間関節の対抗変性が大きな発症要因となります。腰椎変性すべり症は『脊柱管狭窄症』の代表的原因疾患で、馬尾障害をきたすケースが多くあります。

腰椎のずれによって脊柱管が狭窄し、馬尾や神経根が圧迫されると神経症状が現れます。

初期の主症状は腰痛で、進行すると下肢の疼痛や痺れ・間欠性跛行(馬尾性)・両下肢の脱力感・会陰部の痺れや熱感・膀胱直腸障害などがあります。

検査として、腰椎を前後に曲げた状態でのX線側面像で、ずれている椎間板腔の狭小化や不安定性をみます。MRI検査では、神経圧迫の程度を確認します。

治療は、保存療法としてコルセット装着・薬物療法・体幹筋、両下肢の筋力トレーニング・ストレッチ・温熱療法・牽引療法・硬膜外ブロックなどがあげられます。

保存療法で改善されず、歩行や立位の制限があるようなケースでは手術療法(腰椎除圧固定法が一般的です)が検討されます。

比較的保存療法で改善されるケースが多いので、早めの治療を行いましょう。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP