BLOGブログ

BLOG

3

ハムストリングス症候群とは | フィジオ福岡コンディショニング

障害予防

ハムストリングス症候群とはハムストリングス内の腱構造が坐骨神経を圧迫することで起こります。

これは、短距離走やハードル走など瞬発系のスポーツ選手に多く見られます。

ハムストリングス症候群

こうしたスポーツに従事しており、座位時に坐骨結節付近に圧痛を伴う人はハムストリングス症候群かもしれません。

その他には、ハムストリングスの収縮に対して抵抗を加えた際の殿部の疼痛や下肢への放散痛が特徴的です。

治療は、ハムストリングスの肉離れと同様で十分な安静と必要であれば物理療法を行い、日常的なストレッチングにより予防することが重要だと言えます。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP