BLOGブログ

BLOG

3

離断性骨軟骨炎(OCD)~肘~

障害予防

骨の成長期にある思春期~青年期に、関節軟骨の下にある骨(軟骨下骨)が骨壊死を起こし、正常骨の母床から離断するもので、スポーツ障害として発症します。離断した軟骨骨片が関節内に遊離して関節内遊離体(関節ねずみ)となることもあります。肘や膝・足に好発する他、まれに大腿骨頭などでもみられます。

治療には長期間を要しますが、適切な治療を行わなければ変形性関節症に移行するリスクが高くなります。

『肘離断性骨軟骨炎』

肘離断性骨軟骨炎は、10~14歳・男子・野球選手に好発します。肘の外側の上腕骨小頭に生じる上腕骨小頭離断性骨軟骨炎が多く占め、野球の投球動作が主な発症原因で外側型の野球肘の病態でもあります。

症状としては、運土時や運動後における肘の違和感・腫脹・可動域制限があり、時にロッキングがみられます。

検査・診断は、X線像で上腕骨小頭の骨透亮像、または周囲の骨硬化像や骨軟骨片の分離・離断や、関節内遊離体の所見がみられた場合は「肘離断性骨軟骨炎(上腕骨小頭離断性骨軟骨炎)」が考えられます。

治療法は、透亮期の場合は保存療法で、原因として考えられるスポーツの禁止や患肢の安静。分離期~遊離期は手術療法を行います。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP