BLOGブログ

BLOG

3

肘内障

障害予防

肘内障は、「肘が外れた」ような感じがするもので、好発年齢は2~6歳。急に痛がって泣き出し、肩をあげたり・手を動かさなくなります。

原因として典型的な例が、子供と親が手を繋いで歩いていて、子供が躓きそうになり、転ぶのを防ごうと子供の手を『肘が伸転位・前腕回内位』でとっさに引き上げた時に発症します。

症状・臨床所見は、疼痛が主症状で、腫脹や変形はみられず肘関節外側部の圧痛があります。前腕回内位・肘軽度屈曲位にして、肩をあげず、手を使おうとしないという特徴的な肢位を呈します。

検査・診断は、上肢を牽引されたという問診と臨床所見により、診断は容易になります。病歴がはっきりしない場合は、肘関節周辺骨折や鎖骨骨折との鑑別が重要になります。

また、必要に応じてX線検査を行います。

治療は、診断が確定したら徒手整復を行います。発症から時間が経過するほど整復しにくくなるので、早めの対処をしていきましょう。

手を引っ張ることで発症するので、強く引っ張らないようにすることが予防になります。

再発を繰り返すこともあるので、子供の様子がおかしいと思われる場合は直ぐに医療機関を受診しましょう。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP