BLOGブログ

BLOG

2

頸肩腕症候群

障害予防

頸部や肩から上肢にわたって連鎖的な痺れや疼痛を生じるが、特に明確な原因がない疾患群を『頸肩腕症候群』といいます。*頚椎疾患・胸郭出口症候群などの器質的異常が明らかなものは除外します

ただし、業務との関連性が明確であり、機能的または器質的異常がみられる場合は『頸肩腕障害』呼ばれることがあります。

若年女性や長時間のパソコンを使う作業などに従事する人に好発し、以前はキーパンチャーやタイピストの労働災害として知られ、『キーパンチャー症候群』とも呼ばれていました。

前傾姿勢など一定の姿勢で長時間手指を使う作業や単調なデスクワーク、ストレスなどが原因と考えられています。頸部・肩・背部・上肢などに筋の凝り・だるさ・痺れ・疼痛・動きの悪さなど多彩な症状がみられ、神経学的異常所見は認められないのが特徴になります。

治療は、装具を用いた運動療法・温熱療法・マッサージ・NSAIDs内服・筋弛緩薬の投与が中心となります。従事する作業内容や作業中の姿勢、生活環境などとの関連が考えられる場合には、作業環境の改善や悪姿勢の回避、休息時間の確保をするなどの指導をするなどを行い、症状の改善につとめます。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP