BLOGブログ

BLOG

2

脊柱管狭窄症

障害予防

脊柱管狭窄症は、おもに腰椎部の神経組織(馬尾・神経根)が脊柱管内で絞扼を受ける病態(腰部脊柱管狭窄症)で、中高年になって発症するものが多い疾患になります。

原因は、変形性腰椎症・腰椎変性すべり症による後天性脊柱管狭窄症が多くなります。他には、椎間板ヘルニアが合併するケース、外傷後や椎弓切除、脊椎固定術後に脊柱管狭窄症をまねくケース、骨パジェット病などがあります。また、先天性(発育性)脊柱管狭窄症は、おもに軟骨無形性によるものになります。

病態生理としては、神経組織に対する周囲組織(靭帯・骨や軟骨組織)による機械的圧迫、組織の退行性変化などがあげられます。

症状は、神経への圧迫が過大になると神経刺激症状(下肢の疼痛・坐骨神経痛・痺れなど)や神経脱落症状(下肢の筋力低下・感覚障害など)が現れます。また、会陰部の異常感覚・尿意切迫・尿失禁・便失禁などの膀胱直腸障害が現れることもあります。脊柱管狭窄症の特徴的な症状として、神経性間欠性跛行があげられます。

検査・診断は、姿勢による症状の変化の有無、神経性間欠性跛行の評価、腰椎の可動性や下肢神経症状、ADL(日常生活動作)などで症状を評価し、X線検査で腰椎変性、MRIで脊柱管の狭窄レベルや程度、CTで脊柱管の形態を把握します。

治療は、保存療法と手術療法があり、保存療法としては生活動作指導・装具療法・理学療法・薬物療法(消炎鎮痛薬・筋弛緩薬・ビタミンB12製剤・血管拡張薬・神経障害性疼痛治療薬)・ブロック療法・運動療法があげられます。

保存療法が無効なケースでは手術療法を検討します。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP