BLOGブログ

BLOG

2

手根管症候群

障害予防

手根管症候群は、手根管内における正中神経の圧迫麻痺で、頻度の高い絞扼性神経障害になります。妊娠出産期と閉経期の女性に多く、男女比は1対9とされています。

原因不明な特発性(一次性)のことが多いですが、発症要因としては屈筋腱鞘炎・手の使い過ぎ・アミロイドーシス・橈骨や手根骨骨折後の変形・ガングリオンなどの腫瘍性病変・変形性関節症・関節リウマチ・甲状腺機能低下症・糖尿病・末端肥大症などがあげられます。

病態生理としては、手根管の滑膜の増殖・手根管自体の狭窄などにより、正中神経が圧迫・牽引されて発症し、ばね指などの腱鞘炎を合併しやすく両側性のこともあります。

症状は、母指から環指(橈骨側半分)の痺れや疼痛で、指先の症状は夜間や早朝に強い傾向があります。母指球筋委縮が進むと猿手変形になります。

検査・診断は、麻痺の所見(ボタンがかけにくい・箸が持ちにくいなど)、誘発テスト(ティネル徴候・ファーレンテスト・逆ファーレンテスト・正中神経圧迫テスト)、神経伝導速度検査(手関節での伝導速度遅延)などから診断ができます。

治療は、保存療法では局所の安静・ビタミンB12製剤の内服・手関節の固定装具・手根管内ステロイド注射などで、保存療法では改善がみられないケースでは手術が検討されます。

手術療法は、手根管解放手術(直視下・内視鏡下)・母指球筋委縮が顕著な場合は腱移行術による母指対立再建術の併用などがあります。

早期に治療を開始するほど症状の改善はしやすいので、放置せずに医療機関を受診しましょう。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP