BLOGブログ

BLOG

2

変形性腰椎症

障害予防

変形性腰椎症は、腰椎椎間板の変性を基盤に日常生活に支障をきたす症状が現れたものをいいます。

原因は、加齢が大きな発症要因となります。また、遺伝的素因や活動性なども発症に関わります。

病態生理としては、椎間の変性から椎間板高の減少、椎間関節の変形性関節症変化をまねきます。黄色靭帯の肥厚、骨棘の形成などを生じ、脊柱が変形(後側弯変形・後弯変形)して脊柱管狭窄をきたすと神経を圧迫します(脊柱管狭窄症)。

症状は、腰痛・臀部痛が主症状で、起床時(動き始め)に強く、活動を始めると軽減する傾向があります。脊柱管狭窄症が生じると、神経組織の圧迫によって下肢痛・下肢の痺れ・神経性間欠跛行・暴行直腸障害などが現れます。

検査・診断は、X線検査で椎間板腔狭小化・骨棘形成・骨硬化像などが確認することができます。神経症状がみられるケースでは鑑別診断のためにMRI検査が必要となります。

治療法は、保存療法と手術療法があります。保存療法は、薬物療法(NSAIDsの投与)・ブロック療法・運動療法・温熱療法・牽引療法・装具療法などで、過度な安静は逆効果になります。高度な脊柱変形がみられ、日常生活に支障をきたすケースでは手術療法が選択されます。

変形性腰椎症は、対処療法によって改善されるケースが多いので、しっかり治療していきましょう。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP