BLOGブログ

BLOG

2

側弯症を考える|フィジオ福岡コンディショニング

リハビリテーション

側弯症は、脊柱の側方弯曲(左右に弯曲)に、回旋変形(ねじれ)をともなった病態になります。

主に小児期にみられる脊柱側弯症をさし、女児に多いとされています。

原因はの約70%は原因不明の突発性側弯症で、他に先天性側弯症。病候性側弯症(神経・筋原性側弯症)などがあります。

突発性側弯症は、骨の成長につれて脊柱が側方にねじれながら弯曲していくケースとなり、乳幼児期から思春期までに生じます。

先天性側弯症は、先天性の脊柱形態異常、病候性側弯症は、神経変性疾患による背筋麻痺に起因します。

側弯症の所見

症状・所見は、小児期では体幹の非対称性(肩の高さの左右差、肩甲骨の突出、腰の高さの非対称、胸郭変形、肋骨や腰部の隆起など)以外には無症状のケースが多くなります。

成人発症の病候性側弯症では、腰痛や神経麻痺などをきたすことが多くなります。

検査・診断方法は、前屈テストで脊柱を観察(前屈時の背部隆起)し、棘突起列の弯曲、肩と肩甲骨の高さの左右差、脇線の左右差などをチェックします。

側弯の程度は、単純X線像から計測していきます。

骨成熟の度合いは腸骨X線像から計測します。治療法は、軽度の突発性側弯症の場合では運動療法を行い、経過観察、進行例では装具療法などになります。

悪化していく場合、手術療法を行い矯正が検討される場合もありますが、予後は適切な治療を行うことによって改善されるケースが多いです。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP