BLOGブログ

BLOG

2

脊柱後弯症(円背)

障害予防

脊柱後弯症は、脊椎が後方へ凸状に変形した状態で、自身で矯正できるもの(姿勢性脊柱後弯症)と矯正不能のもの(病的な後弯症)がありあます。「背中が丸くなる」ところから『円背』とも呼ばれます。

原因は、姿勢の悪さが習慣化して生じるような姿勢性脊柱後弯症は「機能的脊柱後弯症」、さまざまな疾患・病態に起因するケース(病的な脊柱後弯症)は「構築的脊柱後弯症」と分類されます。

構築的脊柱後弯症は、成因によって「青年期脊柱後弯症(ショイエルマン病)」・「老年性脊柱後弯症」・「亀背」・「外傷後脊柱後弯症」・「椎弓切除後脊柱後弯症」・「先天性脊柱後弯症」・「強直性脊椎炎」による脊柱後弯症などに分けられます。

症状・臨床所見として基礎疾患が現れたり、後弯が強くなると腰背部痛や体幹の平衡障害などが現れたりします。

検査・診断は、軽度の後弯の場合は特に症状が現れないので、あまり自覚されずに検診などで見つかることが多くなり、X線検査によって椎体の変形が確認できれば診断できます。

治療法は、軽度の場合は必要に応じて装具療法・運動療法を行います。重度の場合で体幹の平衡障害や強い腰背部痛がある時、進行性の先天性脊柱後弯症、脊髄麻痺がみられる場合は手術療法(前方固定術・後方固定術・前後合併手術)が検討されます。

構築性脊柱後弯症は治療を必要としますが、軽いケースでは保存療法で改善がみられます。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP