BLOGブログ

BLOG

2

オスグット・シュラッター病

障害予防

オスグット・シュラッター病は、膝蓋腱の脛骨付着部である脛骨粗面の成長軟骨の剥離で、スポーツをする発育期や急激に身長が伸びる子供に起こります。

原因としては、成長期の子供がサッカーやバレーボールのように、ボールを蹴ったり跳躍動作が多いスポーツをすることによって発症します。

病態生理は、スポーツなどで大腿四頭筋が過度の収縮を繰り返すことにより、脛骨粗面が強く引っ張られて成長軟骨の一部が剥離し、10~15歳のスポーツをする男児に起こることが多い。

症状は、膝蓋腱付着部の脛骨粗面が徐々に突出し、疼痛や腫脹が生じます。痛みは動かすと強くなり、安静にすると和らぐ傾向にあります。

検査・診断は、視診や触診、X線検査で診断が可能となります。

治療法は、保存療法が基本となります。スポーツは控えて安静にすることで症状は抑えられますが、症状や状態に合わせてスポーツを許可することが多いのが実際となります。許可をする場合、運動量の調整や大腿四頭筋のストレッチ、アイシングなどを十分に行います。痛みが強い場合、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を使用します。

ごくまれに脛骨から分離した骨片を摘出する手術を行うこともあります。

成長期の一過性のものなので、骨が成熟すればほとんどの場合は治癒します。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP