BLOGブログ

BLOG

2

腰痛症

障害予防

原因を特定できない非特異的腰痛で、外傷機転がなく神経症状をともなわないものを『腰痛症』と総称しており、筋疲労・姿勢不良などに起因すると考えられており、腰痛の約85%を占めているとされています。

発症・増悪要因として、加齢・筋力低下・振動・寒冷・強い身体的負荷・拘束姿勢・前屈や捻り・後屈捻転・急激な動作・心理社会的ストレスなどがあげられます。

病態生理として、非特異的急性腰痛と非特異的慢性腰痛の2種類があります。

非特異的急性腰痛は一般に『ぎっくり腰』といわれるケースで、非特異的慢性腰痛は腰痛が3ヵ月以上持続しているケースを指します。

症状として、急性腰痛では激しい痛み・腰椎の運動制限・屈曲困難などがあり、慢性腰痛では腰全体のだるさや重さ・痛みなどとなります。また、抑うつや身体表現性障害などを伴うケースもあります。

検査・診断の方法としては、『臨床所見』・『X線検査』・『MRI検査』になります。

臨床所見として、安静時痛の有無、動作による増強などの確認。安静時に強い痛みがある場合は、尿管結石や大動脈解離などとの鑑別を要します。

必要に応じてX線検査やMRI検査を行い、心理社会的要因のスクリーニングも重要となります。

治療は、保存療法を行います。

保存療法として、薬物療法・神経ブロック療法・装具療法・運動療法などがあげられます。

非特異的腰痛では安静は最小限にとどめ(痛みの状態を確認)、活動性を維持していた方が経過がよいことが多く、腰痛体操やウォーキングなどの運動習慣をつけることが有効になります。

心理社会的要因が強いケースでは抗うつ薬や抗不安薬による薬物療法、認知行動療法などを行います。

適切な保存療法を行うことによって、多くのケースで改善がみられます。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP