BLOGブログ

BLOG

1

脛骨疲労骨折について | フィジオ福岡コンディショニング

障害予防

脛骨は疲労骨折の頻度が非常に高い部位であり、全疲労骨折中の約50%を占めるとされるます。
疲労骨折は骨へのオーバーユース障害であり、ランニングなどによる反復する微小外傷の蓄積が新しい骨を作る身体の能力を超えてしまった際に発生するような形になります。

リスクファクター

骨新生時の骨沈着は、骨への負荷増強の約30日後からより亢進するが、負荷増強の直後では骨吸収の方が優位です。
このため初期には骨多孔性が強くなり、骨のストレスに対する抵抗性が低くなることから疲労骨折が発生しやすいです。

リスクファクターとしては、女性選手では低骨密度・月経障害の既往・下肢の体脂肪率低値・低脂肪制限食・脚長差などがあげられ、疲労骨折を起こした女性選手では、初経年齢が高く、また年あたりの月経頻度が低いです。

 

内的要因

脛骨疲労骨折に関連する内的要因に関して、下肢形態・可動域・足底屈筋の等速性筋力・歩容などは、脛骨の疲労骨折には関与せず、疲労骨折は踏み切りと着地の動作などの繰り返し外力に対し起こります。

脛骨の骨形態・骨量・床反力について、骨形態が最も疲労骨折に関与しています
男性選手では、体格に対し骨格が小さい例で疲労骨折が起こりやすいです。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP