Loading

BLOG

変形性肘関節症

変形性肘関節症は、投球動作を伴う競技を長く続けると若年であっても肘関節の関節症性変化を生じます。投球動作の後半において過度の伸展と外反ストレスが強制され、肘の後内側部では肘頭後内側部と肘頭窩内側縁が衝突します。身体は、その機能的な適応として肘頭や肘頭窩に骨棘や骨堤を形成します。さらに、同部に衝突が繰り返されることにより骨棘が折損を起こし、投球動作後半の疼痛を引き起こします。柔道や体操競技でも、長い期間肘にストレス加わると肘関節の可動域制限・運動時痛と関節症性変化をきたす例があります。

症状は、肘関節後方の疼痛、伸展・屈曲制限やロッキングがみられます。投球動作において、ボールリリース後のフォロースルー相で肘後内側部に疼痛を生じるため、代償的にボールリリースのタイミングが早くなり、ボールにおさえがきかなくなります。練習や試合後に適切なRICE処置やコンディショニングをしているのにもかかわらず症状が続く場合は、医療機関の受診をします。

治療は、可動域制限肘頭後内側部や肘頭窩に圧痛の症状をみとめた場合、副子固定を含めた安静が指示されます。症状が著しく、骨棘が折損したり遊離体によるロッキング症状を呈する場合や疼痛と運動障害を繰り返す場合では、遊離体の摘出、骨棘切除または間接形成術等が行われます。

手関節捻挫

Osgood-Schlatter病(オスグッド病)

関連記事

  1. 骨軟骨損傷①

    2017.05.21
  2. 大腿骨近位部骨折

    2017.10.31
  3. 胸郭出口症候群

    2016.11.29
  4. 骨軟骨損傷②

    2017.05.22
  5. 脊柱管狭窄症

    2016.12.06
  6. 肉離れ~治療~

    2017.05.26
PAGE TOP