Loading

BLOG

鵞足炎

鵞足炎は、内側のハムストリングスの付着部の炎症になります。縫工筋・薄筋・半腱様筋の3つの腱が内側側副靭帯のすぐ近くに付着している部位を鵞足と言います。

使い過ぎによって炎症を起こし、ときに滑液包炎も起こします。外販膝も誘因となります。時々、ここに外骨腫という骨の突出があり、これが腱との間に摩擦を起こし、バネ現象を起こすこともあります。

症状は、膝関節の前内側に疼痛、圧痛がみられ、疼痛部位は脛骨粗面から1横指下方、1横指内側付近になります。ランニングやダッシュなどで痛みがあり、比較的短距離選手に多くみられます。外骨腫がある場合は骨性の突出が触知できます。

治療、リハビリテーションは、ランニングの軽減や安静、ストレッチ筋力トレーニングを行いますが、難治例では局所注射、ときには腱の解離術も行われます。ただし、適応は非常に少なくなります。外骨腫がバネ現象を起こしている時には、摘出すれば早期に完治します。

変形性腰椎症

上腕骨外顆骨折

関連記事

  1. 偽関節

    2017.11.05
  2. 鵞足炎とランニング

    2016.09.25
  3. 区画症候群

    2017.11.06
  4. 腰椎分離症

    2017.05.03
  5. 骨軟骨損傷②

    2017.05.22
  6. 変形性肩関節症・変形性肩鎖関節症について|コンディショニング福岡

    2016.12.10
PAGE TOP