Loading

BLOG

外がえし捻挫(外反捻挫)

外がえしによって生じる足関節捻挫は、内がえし捻挫より頻度は少なくなります。サッカーのプレー中、相手選手とインサイドキックでボールを蹴りあうような足が固定された状態で、身体が捻じれて下肢に内旋が加わることにより、足関節は外旋して外がえし捻挫となります。外がえし捻挫により、三角靭帯のみの損傷であれば軽症になりますが、前下脛腓靭帯や脛腓骨間膜が損傷されてしまうと重症であり、復帰までに時間が掛かってしまいます。前下脛腓靭帯や脛腓骨間膜部の圧痛を認める場合には、初期治療として体重をかけて歩行してはいけません。足関節は、脛骨と腓骨で関節を形成していて、これらの骨を結合する脛腓靭帯や脛腓骨間膜が破綻すると、関節の機能が低下し、運動時痛が捻挫の後遺症として残ってしまうことがありますので、適切な免荷(体重を足にかけないこと)を行う保存療法や、症状によっては手術療法などの治療をしなければいけません。

ヘルニアによらない坐骨神経痛(梨状筋症候群など)

膝蓋大腿関節について|コンディショニング福岡

関連記事

  1. 頚部捻挫

    2017.07.13
  2. 脊柱側弯症

    2016.11.25
  3. 腰椎分離症

    2017.05.03
  4. 骨粗鬆症

    2016.12.16
  5. 下垂足〜腓骨神経麻痺〜

    2016.11.20
  6. 手根管症候群

    2017.01.06
PAGE TOP