Loading

BLOG

ヘルニアによらない坐骨神経痛(梨状筋症候群など)

脊柱の中心を通る脊柱管から枝分かれした直後の神経の枝を神経根といいます。それが集まってできた太い坐骨神経が、臀部あたりで何かの原因で神経痛を起こすことがあります。ヘルニアなどによって脊柱管内で起こる神経痛を根性坐骨神経痛と呼ぶのに対して、単に坐骨神経痛と区別することがあります。症状は、ヘルニアなどによる根性坐骨神経痛とほとんど同じですが、MRI検査でヘルニアや側方ヘルニアもなく、原因がはっきりしない坐骨神経痛はいがいと多いといわれています。

梨状筋症候群では、坐骨神経が下肢を外に回す外旋筋の1つの梨状筋の下をくぐって腰椎から臀部へ出ていくところで、筋肉に締め付けられて神経障害が生じます。また、長時間堅いイスに座ったときに坐骨神経が臀部で圧迫されて症状をきたすこともあります。

治療法は、筋肉の緊張を和らげるためにストレッチを行い、消炎鎮痛剤・リリカ・ビタミンB12の服用、局所へのブロック注射などが行われます。症状がどうしても軽減されない場合は、梨状筋を切離することもあります。

診断がなかなか難しい神経痛で、MRI検査で腰椎に原因が見つからない坐骨神経痛の場合に梨状筋症候群と診断されることが多いかもしれませんが、全てが梨状筋症候群とは限らず、いろいろな部位で神経が圧迫されうるものだと考えられます。

フットボールアンクル(衝突性外骨腫)

外がえし捻挫(外反捻挫)

関連記事

  1. フットボールアンクル(衝突性外骨腫)

    2017.01.27
  2. 腱断裂

    2017.01.05
  3. 外がえし捻挫(外反捻挫)

    2017.02.05
  4. 肩こり

    2017.01.17
  5. 肉離れ~治療~

    2017.05.26
  6. 骨軟骨損傷①

    2017.05.21
PAGE TOP