Loading

BLOG

フットボールアンクル(衝突性外骨腫)

特に大きなケガをしているわけではないのにも関わらず足関節が腫れ、痛みや可動域制限を生じる場合はこの疾患を疑います。また、関節水腫を認める場合は骨軟骨損傷も鑑別診断とする必要があります。フットボールアンクルの発症原因は、足関節外側および内側の靭帯損傷により、足関節部に不安定性が生じ、脛骨と距骨の間での異常可動性(本来は起こらない関節の異常な動き)により生じるという説があります。

この足関節の異常な可動により関節軟骨の変性が生じ、骨棘が形成され関節可動域の制限が起こります。一方で、この関節の動きが悪くなることにより足関節の異常可動性が低下し、軟骨の損傷が起こりにくくなります。このような足関節の異常可動性に対する生体防御反応としてフットボールアンクルが生じるようです。そのため、衝突により生じた骨棘を切除すると、骨棘によって生じていた疼痛は軽減しますが、異常可動性が再度認められるようになり、軟骨損傷の症状が発症します。

保存的治療で必要なことは局所の機能改善・向上が中心となり、足関節のエクササイズやバランスのトレーニングが必要になります。

頭痛

ヘルニアによらない坐骨神経痛(梨状筋症候群など)

関連記事

  1. 肉離れ~治療~

    2017.05.26
  2. 非特異的頸部痛

    2017.01.12
  3. 肘部管症候群

    2017.12.01
  4. 筋筋膜性腰痛症

    2017.01.19
  5. 腓骨筋腱炎について|コンディショニング福岡

    2016.11.12
  6. 反復性膝蓋骨脱臼

    2017.03.31
PAGE TOP