Loading

BLOG

指側副靭帯損傷について|コンディショニング福岡

手指側副靭帯損傷の中で、第1指MP関節側副靭帯損傷と第1指以外のPIP関節側副靭帯損傷は、日常スポーツ現場で起こる損傷になります。

第1指MP関節側副靭帯損傷はスキーの転倒時に受傷することが多く、スキーヤー母指と言われ、また職業性の障害として、ゲームキーパー母指と呼ばれています。

第1指のMP関節の安定性はピンチ動作に重要な役割を担っていて、その支持組織が側副靭帯になります。

発生機序として、スキーの転倒時にストックのストラップに引っかかったり、バレーやバスケットなどの球技中に外転が強制され受傷することが多く、発生頻度としては尺側が高いです。

第1指以外にPIP関節損傷は、バレーボール・バスケットボール・コンタクトスポーツ時に受傷することが多く、発生頻度は橈側に多いです。

損傷部位に疼痛・圧痛・腫脹・皮下出血斑・側方動揺性を認めますが、臨床では、不全断裂が完全断裂かを判断することは難しいです。

完全断裂では、腫脹や皮下出血斑が著名で、ストレスを加えると不安感や疼痛が強く、橈側や尺側に偏移している場合もあります。

その場合、ステナー損傷を起こしていることが多く、触診で側副靭帯断端を触れることもあります。

不全断裂では腫脹や皮下出血斑、疼痛も軽度で、ストレスを加えても不安感はわずかで、関節掌側に圧痛があり、皮下出血班が掌側に限局している場合は掌側板の断裂も疑われます。

肘頭骨折について|コンディショニング福岡

非特異的頸部痛

関連記事

  1. 橈・尺両骨骨幹部骨折について|コンディショニング福岡

    2016.11.08
  2. TFCC(三角線維軟骨複合体)について|コンディショニング福岡

    2016.10.30
  3. 尺骨神経麻痺

    2016.12.15
  4. 円回内筋障害・前骨間神経麻痺について|コンディショニング福岡

    2016.12.07
  5. ドケルバン病

    2016.12.05
  6. 尺側側副靭帯損傷について|コンディショニング福岡

    2016.11.19
PAGE TOP