Loading

BLOG

足底腱膜炎

足底腱膜は、足底筋群を覆う筋膜ですが、その中央部分は強靭な繊維で構成されていて、踵骨隆起の内側突起から起こり、MTP関節を越えて各足趾の基節骨底面に停止しているため、足のアーチを保持するのに重要な役割を果たしています。また、MTP関節の背屈により足底腱膜の緊張が高まり、縦アーチが増加する現象がみられます。このような機能解剖上の特徴から足底腱膜は踵部接地の際の衝撃を吸収し、立脚相における足部の安定化に大きく寄与しています。そのため、ランニング・ジャンプなどの動作の繰り返しにより足底腱膜の踵骨付着部に牽引力と荷重による圧迫力が積み重なります。これらのストレスが過剰になると、同部に変性が起こり、症状が発現します。症状・診断は、おもに問診と画像検査・徒手検査になります。症状で1番の特徴は、起床時の1歩目の疼痛になります。また、歩行時や運動時にも疼痛が認められ、症状の強いものでは踵部接地ができず、跛行を呈することもあります。治療法は、基本的には安静が1番となります。炎症症状が出ている場合には、消炎鎮痛薬・外用消炎薬の投与。難治の場合だとヒアルロン酸の注入療法を考慮することもあります。日頃から膝から下の筋肉のストレッチやマッサージをしっかり行い、練習後にはきちんとアイシングをすることが必要になります。

末梢神経損傷

腱断裂

関連記事

  1. 肘部菅症候群について|コンディショニング福岡

    2016.11.18
  2. 骨粗鬆症

    2016.12.16
  3. 腓骨筋腱炎について|コンディショニング福岡

    2016.11.12
  4. 外反母趾

    2016.11.23
  5. 反復性膝蓋骨脱臼

    2017.03.31
  6. 大腿骨近位部骨折

    2017.10.31
PAGE TOP