Loading

BLOG

腰椎分離症について|コンディショニング福岡

スポーツによる反復負荷によって、主に椎弓の関節突起部に発生する疲労骨折で、成長期のスポーツ選手に多く認めます。

腰椎伸展時には両側、回旋時には反対側の椎弓関節突起部に応力が高まり、伸展・回旋が同時に起こる場合、その値はもっとも高まります。

このことから、スポーツ動作の中で特に伸展・回旋運動の繰り返しが、分離症を誘発していると考えられています。

症状としては、初発時の腰痛は軽微であることが多いです。

発育期の疲労骨折を起因とする痛みは限局して出現し、腰椎伸展時に増強します。

また終末期(偽関節)の痛みは分離部に隣接する椎間関節由来となります。

初期の診断には、CTやMRIが用いられています。

治療として、初期の症例では、骨癒合を目指した治療が選択されることが多いです。

腰椎の伸展・回旋制限を目的とした硬性体幹装具を用いて3ヶ月程度の固定を行い、骨癒合を試みます。

終末期では、骨癒合を得ることは難しいため、疼痛管理を行いながらスポーツ復帰を行います。

尺骨神経麻痺

骨粗鬆症

関連記事

  1. 椎間板性腰痛について|コンディション福岡

    2016.11.04
  2. 筋筋膜性腰痛症

    2017.01.19
  3. ヘルニアによらない坐骨神経痛(梨状筋症候群など)

    2017.02.02
  4. ギックリ腰

    2017.03.20
  5. 変形性腰椎症

    2017.08.17
  6. 脊柱管狭窄症

    2016.12.06
PAGE TOP