Loading

BLOG

脊柱後弯症(円背)

脊柱後弯症は、脊柱が後方へ凸状に変形した状態で、自分で矯正できるもの(姿勢性脊柱後弯症)と自分では矯正不可能なもの(病的な後弯症)があり、背中が円くなることから円背とも呼ばれます。原因として、姿勢の悪さが習慣化して生じるような姿勢性脊柱後弯症は機能的脊柱後弯症、さまざまな疾患・病態に起因するケースは、構築的脊柱後弯症と分類されます。構築的脊柱後弯症は、成因によって青年期脊柱後弯症(ショイエルマン病)・老年性脊柱後弯症・亀背・外傷後脊柱後弯症・椎弓切除後脊柱後弯症・先天性脊柱後弯症・強直性脊椎炎による脊柱後弯症などに分けられます。症状・所見は、基礎疾患の症状が現れます。後弯が強度になると、腰背部痛・体幹の平衡障害などが現れます。検査・診断は、軽度の後弯ではとくに症状が現れないので、あまり自覚がなく健診などで見つかるケースが多く、X線検査で椎体の変形が確認できれば診断が可能になります。治療法は、軽度のケースでは必要に応じて装具療法・運動療法などを行います。重度で、体幹の平衡障害や強い腰背部痛があるケース・進行性の先天性脊柱後弯症・脊髄麻痺がみられるケースなどでは、手術療法(前方固定術・後方固定術・前後合併手術)が検討されます。予後は、構築性脊柱後弯症は治療を必要としますが、軽度のケースでは保存療法で改善をみます。

長胸神経麻痺について|コンディショニング福岡

変形性肩関節症・変形性肩鎖関節症について|コンディショニング福岡

関連記事

  1. 肩こり

    2017.01.17
  2. 股関節唇損傷~症状・診断~

    2018.01.07
  3. ドケルバン病

    2016.12.05
  4. 肩関節不安定症

    2018.01.23
  5. ヘルニアによらない坐骨神経痛(梨状筋症候群など)

    2017.02.02
  6. Osgood-Schlatter病(オスグッド病)

    2017.09.21
PAGE TOP