Loading

BLOG

半月板損傷について|コンディショニング福岡

半月板は大腿骨と脛骨の関節面間に存在する線維軟骨の小板で、骨性に不安定な関節面に適合性を与えるだけではなく、衝撃を分散・吸収し、また滑液の関節腔内への拡散を助けるなど、多面的な機能を持っています。

したがって、外傷により半月板を損傷すると膝関節の機能に多大な障害をきたすこととなります。

発生機序としては、若年者はスポーツ活動で受傷することが多いです。

膝関節の屈伸に下腿の回旋が加わった際に受傷します。

多くは内側側副靭帯や前十字靭帯のなど、他の損傷に合併し、内側の損傷が多いです。

小児では、形態異常(円板状半月)、高齢者では変性を基盤として損傷することがあり、この場合には外傷の機転が明らかでないことも多いです。

症状としては、損傷側の関節裂隙を中心とした荷重時痛や、引っかかり感を伴った運動時痛を訴えます。

圧痛は損傷側の関節裂隙にみられます。

その他、嵌頓症状・クリック・関節血腫または、水腫などの症状をみます。

経過の長い症例では、大腿四頭筋の萎縮を認めます。

治療法としては、急性期にはRICE処置を行います。

疼痛や腫脹が軽減したら物理療法、大腿四頭筋やハムストリングスを中心とした運動療法を行い、膝関節昨日の回復に努めます。

関節水腫やロッキングを繰り返すもの、前十字靭帯などとの複合損傷、小児の円板状半月に起因するものなどでは観血療法の適応となります。

バネ指について|コンディショニング福岡

脊柱管狭窄症

関連記事

  1. 滑液包炎

    2017.10.19
  2. 内反膝・外反膝について|コンディショニング福岡

    2017.01.16
  3. タナ障害(滑膜ひだ障害)

    2016.11.15
  4. 膝蓋骨不安定症~診断と治療~

    2017.05.19
  5. 大腿四頭筋~筋挫傷~

    2017.09.12
  6. 腱断裂

    2017.01.05
PAGE TOP