Loading

BLOG

肋骨骨折・肋軟骨骨折について|コンディショニング福岡

肋骨は外力が受けやすいために骨折が発生しやすいです。

閉経期を過ぎた女性では骨粗鬆症を起こしていることが多いので、軽微な外力・激しい咳でも骨折します。

幼少年期の肋骨は弾力性に富んでいるために骨折はまれです。

発生機序としては、直逹外力と介逹外力の2つがあります。

1:直逹外力

墜落・衝突により、胸郭内方に向かっって肋骨が屈曲し骨折を起こします。

この時の骨折部の転位は胸郭内方凸の転位となります。

2:介逹外力

前後または左右の方向から胸郭が圧迫され、その直角方向に胸郭外方に向かって働く屈曲力で、肋骨の持っている弾性力以上に屈曲され骨折を起こします。

この時骨折ぶの転位は胸郭外方凸の転位となります。

また、高齢で骨粗鬆症の進行した人では過激な筋収縮(激しい咳・くしゃみ)で発生するものも見られます。

ゴルフスイングによる骨折は疲労骨折と考えられます。

一般に、骨折には典型的な骨片の転位は認めません。

よく起こる部位としては、第5〜8肋骨に多く、特に第7肋骨に多いです。

症状としては、疼痛・軋轢音・転位と変形が見られます。

顎関節脱臼について|コンディショニング福岡

寝違いについて|コンディショニング福岡

関連記事

  1. 脊柱後弯症(円背)

    2016.12.09
  2. 胸郭出口症候群について|コンディショニング福岡

    2017.01.22
  3. 胸部・背部の打撲

    2016.09.25
  4. 胸郭出口症候群

    2016.11.29
  5. 肋骨骨折

    2017.07.19
  6. 胸郭出口症候群とその治療

    2016.09.25
PAGE TOP