Loading

BLOG

胸郭出口症候群

頚部・肩・上腕で、腕神経叢が鎖骨下動脈とともに圧迫を受けて神経・血管障害をきたします。首が長く、なで肩の女性に多く、男女比は1対2~3とされています。発症要因として、胸郭出口部の先天性狭窄や筋腱付着部異常、頚肋や索状物などの圧迫物、外傷やスポーツ・作業による機械的刺激の反復、第1肋骨や鎖骨の肥厚変形、重量物の運搬による肩甲骨への負担、小胸筋や大胸筋の肥厚などがあげられます。圧迫原因により、頚肋症候群・斜角筋症候群・肋鎖症候群・過外転症候群に分類されます。主な圧迫箇所は、前斜角筋と中斜角筋の間、鎖骨と第1肋骨の間の肋鎖間隙、小胸筋の肩甲骨烏口突起停止部の後方になります。症状・所見は、上肢のしびれや疼痛・熱感・冷感・脱力感・握力低下・手指の運動麻痺などで、鎖骨下動脈が圧迫されると手指や腕が蒼白になります。鎖骨下静脈が圧迫されると手指や腕にチアノーゼ様変化が現れます。検査・診断法は、鎖骨上窩の触診で、骨性の隆起が触れれば頚肋が疑われます。ティネル徴候の有無の確認。誘発テストで原因部位を特定していきます。X線検査では、補助診断として頸椎・胸郭の骨の形態異常や変形・肥厚を確認します。治療法は、保存療法では非ステロイド性抗炎症薬の投与、日常生活指導で、重症のケースでは手術療法が検討されます。

関節リウマチ

マレットフィンガーについて|コンディショニング福岡

関連記事

  1. 胸郭出口症候群とその治療

    2016.09.25
  2. 後十字靭帯損傷

    2017.09.17
  3. 長胸神経麻痺について|コンディショニング福岡

    2016.12.09
  4. 筋筋膜性腰痛症

    2017.01.19
  5. 尺骨神経障害

    2017.09.14
  6. 顎関節脱臼について|コンディショニング福岡

    2016.11.30
PAGE TOP