Loading

BLOG

コンパートメント症候群(下腿部)について|コンディショニング福岡

コンパートメント症候群とは、コンパートメント内の圧力が局所の動脈圧を超えた状態で発生し、筋および神経の虚血を引き起こす病態です。
下腿には、強靭で弾力性に欠ける筋膜で覆われた4つの主要なコンパートメントがありそれぞれには、臨床上必要な血管・神経があります。

下腿部には4つの区画➕脛骨・腓骨があります。
1、脛骨前外側の前脛骨筋・長母趾伸筋・長趾伸筋のコンパートメント(足背屈(内反)足趾伸展)深腓骨神経

2、下腿外側の長腓骨筋・短腓骨筋のコンパートメント(足低屈・外反)浅腓骨神経

3、下腿後側深部の後脛骨筋・長母趾屈筋・長趾屈筋のコンパートメント(足低屈(内反)足趾屈曲)脛骨神経

4、下腿後側浅部の腓腹筋・ヒラメ筋・足底筋のコンパートメント(足底屈・膝屈曲)伏在神経

急性コンパートメント症候群
外傷によるものがほとんどで、脛骨骨折を合併して起こりまた、挫滅傷・熱傷・薬物の過量投与などによっても起こることがあります。
運動がによって発生するものでは、コンディションの悪い個人選手が、運動をやりすぎる事によって起こることがが多いが、もともと慢性的なコンパートメント症候群を持っている選手がより強い強度でより長い時間運動した際にもおこります。

症状としては、下腿の激痛・障害コンパートメントの腫脹・前方コパートメントでは、ドロップフット(腓骨神経麻痺・垂れ足)やスラップフット(全脛骨筋)のような筋力低下症状、しびれやピリピリした感覚が出ます。

治療法としては手術の適用となります。
治療が遅れてしまうと合併症としてフォルクマン拘縮が出てくる場合があるので注意が必要です。

タナ障害(滑膜ひだ障害)

肘部菅症候群について|コンディショニング福岡

関連記事

  1. 膝蓋骨不安定症~概要~

    2017.05.18
  2. コーレス骨折

    2017.03.01
  3. 膝蓋骨不安定症~診断と治療~

    2017.05.19
  4. 関節唇損傷

    2017.05.28
  5. 内反肘・外反肘

    2017.10.26
  6. 下腿疲労骨折~検査と治療、リハビリテーション~

    2017.08.07
PAGE TOP