Loading

BLOG

タナ障害(滑膜ひだ障害)

タナ障害は、思春期から青年期に多い障害になります。膝関節の関節包の内側にもともと約50%の人に『ひだ』が存在しますが、このひだが関節にはさみ込まれて炎症を起こし痛みを生じます。階段などで急に引っかかった感じし、それ以降に膝の曲げ伸ばしをする際に痛みが生じます。膝蓋骨(膝の皿)の内側のやや下方に膝を伸展(伸ばす)したときに索状物と圧痛が認められます。多くの場合、消炎鎮痛剤の湿布やクリームを使うことで症状は軽減されます。ひだが肥厚して何回も痛みを繰り返すときは関節鏡で確認し、切除します。手術自体は簡単なものになります。

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)について|コンディショニング福岡

コンパートメント症候群(下腿部)について|コンディショニング福岡

関連記事

  1. 変形性腰椎症

    2017.08.17
  2. ギランバレー症候群

    2016.12.21
  3. 変形性肩関節症・変形性肩鎖関節症について|コンディショニング福岡

    2016.12.10
  4. 上腕二頭筋長頭腱炎

    2017.01.23
  5. 偏平足

    2016.11.22
  6. 股関節唇損傷~症状・診断~

    2018.01.07
PAGE TOP